Top > 地域 > 低空飛行

低空飛行

「スプレッド」とは外為は外貨を売り買いして差益を得る商取引です。

 

買ったり売ったりの値段は1日中上下しています。

 

それが為替市場です。

 

インターネットを見ていると、為替レートの情報が流れる場合があります。

 

例としてあげると、「今日の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを示しています。

 

すなわち、トレードには買値と売値の2つの値があるという事です。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表示するFX業者もあります。

 

普通は買値よりも売値が低い値段に設定されています。

 

自分が買値は高く、売値は安くなります。

 

この差分をスプレッドといい、取引業者の稼ぎといわれています。

 

スプレッド幅はFX会社によって変わります。

 

スプレッドの差はあなたにとって負担になるので、低い取引業者をセレクトするほうが有利です。

 

ただ、同じFX会社でも場面によってスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。

 

もしも通常はドルと円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドであるとしても、レートの変化がかなり激しい状況では1銭よりも大きくなったりするのです。

 

そのため、スプレッドが低いのと共に安定しているのが必要です。

変わらないスプレッドの幅を示す取引業者も多く存在します。

 

現実に業者の注文画面の上で為替相場を見て確認しなければ評価できないのでやっかいですが、必要な事です。

 

多額のお金を投入して注文をしますので現実の売り買いの前に、興味があるFX取引会社の新しい口座開設を全てして表示されているスプレッドの広さをチェックしましょう。

 

同じ通貨のペアでも、そのタイミングの相場の変動率(ボラティリティ)によって通貨ペアのスプレッドの広さは異なることがあります。

 

普通は、インターバンク相場で流動性の高い通貨ペアではスプレッド幅が小さく、この他のペアではスプレッドの差が拡大する事があります。

 

地域

関連エントリー
低空飛行テスト