Top > 基本的に全て自費治療となるのがイ

基本的に全て自費治療となるのがイ

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。インプラント治療の大きな問題は、何といっても費用の問題でしょう。保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。技術の進歩した今では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。脱毛ラボ 高崎
関連エントリー